2008年07月11日

Eeepcにするか工人舎の製品にするかHPのMini-Noteにするか、それともAspire oneを待つか? ウルトラモバイルパソコン選び

低価格で小さいパソコンが流行っているようだけど、
私もほしいなぁと思って、
ちょっと調べてみた。

廉価モバイルパソコンとしていち早く有名になったのは、
EeePCという、台湾のメーカーの製品だと思う。

これは、
HDDじゃなくてフラッシュメモリーを使用しており、
衝撃に強く駆動が快適、
という特徴があるようだ。

しかし、
出荷時の状態で使用できる本体内蔵のメモリーは2Gを切っているようで、
付属の4GのSDHCを使うか、
16GのSDHCを買う必要がある。

それから、
画面もインターネットをやるにはちょっと小さく、
たくさんスクロールし無ければならなかったり、
文字が一部読みにくかったりするみたいである。

それでも、
そのサイズと軽さは魅力だろうし、スカイブルーの製品は綺麗だなと思った。




次に工人舎というメーカーの製品


こちらは、HDDで80Gとか120Gのものがでていて、
メモリー容量的には問題無いと思う。

ワンセグが付いていたり、
DVDとかのドライブが付いていたり、
GPSまで付いているものもあったり、
ラインナップも豊富である。
(私なんかには、選ぶときに困るけど。)

デザイン的にも玄人向けな感じがした。

しかし、CPUがやや弱く、
ネットで動画を見たりするとカクカクしたりする、とかいうことも書かれていた。
(CPUを強化した後続機も発売されているようで、
選択の余地はさらに広がっているのだろう。)


ちょっと古いけど、「Eee PC」と工人舎「SA5SX12A」を比較した記事。

上記製品は両方とも、
OSがXPであるというところはいいと思う。




それから、
HPが出した2133 Mini-Note PCというのもある。

これは、OSがビスタで(XPに出来る機種もある)重さが一キロを越えていて、
バッテリー駆動時間が短めだけど、
キーボードが大きくて打ちやすそうだし、
機能としても、
この値段でここまでやれるのはすごいなと感じられた。

本格的にパソコンを使い込んでいない人だったら(私とか)、
これをメインマシンにしてもいいような気すらした。

実際、
私が現在使用しているメインマシン(サブマシンは持っていないが)よりすごいと思う。

しかし、
注文が殺到しすぎて現在のところ発売中止中だそう。

再開は7月中旬だとか。

うーん、

待つべき?




そして最後に、
日本エイサーと言うところが8月に発売するという、
Aspire one
という製品。

概観にまでこだわっているようで、
美しい。

OSもXPだし、
これも、

待つべき?


posted by もり at 12:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局この記事を書いた後、
EeePCのスカイブルー色を購入してきました。
ワードパッドくらいを使って、出先とか仕事の隙間時間に、ちょこっと文書作成をする、
程度の使用をするつもりなので、
これでいいかと思いまして。

で、少し使ってみて、
キーボードがやや小さくて打ちにくいですが、そのうち慣れるかな、
ということと、
起動が早いのがいいな、
と点が気に入りました。




Posted by もり at 2008年07月13日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック