2011年01月20日

コードレス掃除機の選び方

コードレスの小さい掃除機があったら、
子供がお菓子の食べ子星などですぐに汚してしまう部屋を、
さっときれいにできるのではないかと考えて、
買うことにした。

買ったのはこれ。

RYOBI 充電クリーナ リチウムイオン電池 10.8V BHC-1000



選択の理由は、
軽くて便利そうなことと、
ごみ捨てが紙パックであることと、
充電池がリチウムイオン電池であること。


この製品にいたった思考過程を、
書いてみる。


まず、
小型のセカンド掃除機の選択のポイントとしては、

1、どんな部屋でどのくらいの範囲に使用するのか
2、予算
2、ごみ捨ての方法
3、充電の方法

などがあると思う。


一つ一つ見ていくとする。

まず、
1、どんな部屋でどのくらいの範囲に使用するのか
について。

テーブルの上だけとか、
ごく狭い範囲なら、
こういう製品で十分だろうと思う。



しかし、
我が家では、
子供が汚すことがおい6畳の部屋を一部屋くらいは掃除したかったので、
もう少し大き目のやつ、
以下のような、







ものが候補としてあがった。

まあ、
まだ探せばありますが、
この辺の製品をざっとみてみて、
予算は大体10000円前後となるだろうなということもわかった。


なのでつづいて、
3番のごみ捨ての方法、
について。

これは、
サイクロン式か紙パック式かということになる。

我が家で現在使っているメイン掃除機は、
サイクロン式ですが、
サイクロン式は、なによりフィルターの掃除が面倒。

ダイソンとか、



最近では日本の製品でも出てきていますが、



みたいに、
フィルター掃除不要をうたった製品なら問題ないのでしょうが、
フィルター掃除不要をうたう小型掃除機は、
今のところやはりダイソンくらいしかみつからず、



しかしこれは、
予算的に除外。

なので結論としては、
サイクロン式はやめて、
紙パック式を選択することにした。



続いて4番の、
充電の方法について。

これは充電池が、
ニッカドかリチウムか、
という選択になる。

ニカドの充電池は、
充電に時間がかかり(数時間から十数時間)、
メモリー効果というものにより、
電池の劣化を早めることがあるようで、
その辺のことに気を使いながら使用するのが面倒だなと思った。

リチウムイオン電池なら、
継ぎ足し充電が可能で、
充電時間も短い。

私が購入したこの製品なら、



充電時間は30分。


しかし、
リチウムイオン電池の製品のほうが少し値段が高い、
という欠点があるが、
便利さからすると、
まあ許される範囲内だということにした。



追伸

商品については、
楽天とアマゾンの商品アフィリエイトとなっていますが、
実際に購入するときには、
価格.comなどの価格比較サイトで、
最安値のところを探すとよいと思います。




posted by もり at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック