2011年12月16日

室内でもきれいに撮れるらしいデジカメ

ボーナスで何を買おうかと、
考えるのが楽しい。

欲しいなと思うものはたくさんあるけど、
一番はカメラかな。

室内でもきれいに撮れる、
明るいレンズのカメラが欲しい。

子どもの写真は、
室内で撮ることが多いのだけど、
普通のコンパクトデジカメではぼけずにとるのが意外に難しい。

もちろん、
フラッシュを使えば撮れるのだけど、
それだと映りが不自然。

そこで、
明るいレンズのデジカメが欲しいなと思った。



子どもの写真をキレイに撮りたいなら、
一眼にすればいいのかもしれない。

いまだと入門機のような一眼なら、
3,4万円で買える。

これとか。



しかし、
そこまで凝り性でもないなと思う。

できるだけ簡単に、
できるだけきれいにとりたい。

そこで、
レンズの明るいコンパクトデジカメ。



コンパクトデジカメを選ぶ場合、
大事なのは画素数ではなくて、
レンズのF値と撮像素子のサイズだと思う。

レンズのF値が小さければ、
シャッター速度を上げることができるので、
手振れや被写体ブレを抑えた写真が撮れる。

撮像素子が大きいほど、
ISO感度を上げてもノイズが少なくなる。

これら二つの理由により、
暗いところにも強いデジカメとなる。

普通のコンパクトデジカメのレンズのF値は、
3前後で、
撮像素子は、1/2.3くらい。

それを基準に考えると、
一眼と同じサイズの撮像素子とF2のレンズを持った、
富士フィルム ファインピックスX100
なんて、
もはやコンパクトデジカメとは呼べないだろうと思う。

値段も10万円近くて、
そんなものはとても買えない。

少しランクを下げて、
リコー GR DIGITAL IV
や、
FUJIFILM X10
も、
やっぱり買えない。

撮像素子が大きくなると、
とたんに価格が跳ね上がるのだな。



そこでほかのカメラを見てみると、
F1.8のレンズをもつ、
ニコンクールピクスP300などは、
ちょっと手が出そうな気がしてくる。

ほかには、
オリンパスZX−1や、
F2.0の、
キャンノンパワーショットS100
ルミックス DMC-LX5
F2.2の、
ルミックス DMC-FX70
など。

このあたりは、
頑張れば買えそう。

ただ、
ほかにも欲しいものがあるので、
もう少し安くあげたい。


そこで絞られたのは、
以下の6機種。

F2.2の、
ルミックス DMC-FX700

F2.4のサイバーショット3機種
サイバーショット DSC-WX5
サイバーショット DSC-W380
サイバーショット DSC-WX10

F2.0の、
キャノン IXY31S
もしくは、
キャノン IXY 32S


次回はこの6機種を、
私なりに比較してみたいと思います。



ラベル:デジカメ
posted by もり at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック