2007年12月09日

GP2X-F200

韓国製の携帯ゲーム機GP2X-F200。

GP2XはLinux OSを搭載した携帯ゲーム機なのだが、ゲーム機本体しか販売されておらず、店頭にゲームソフトが1本も並んでいないという奇妙な状況となっている。
それもそのはず、GP2Xは仕様や開発環境がオープンになっており、ゲームソフトは全て「ユーザーが作成する」ことが前提となっているのだ

ということである。
記事↓
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/12/05/gp2xf200/index.html

プログラミングのこととかよくわからない私には、
信じられないおもちゃである。

特にほしくはないけど、
コンセプトは面白いなと思った。

ソフトの作成が、
私なんかでも気軽にできるくらいになったら、
いいのになと思う。

ラベル:おもちゃ ゲーム
posted by もり at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック