2012年01月07日

なんというジャンルの道具なのかわからないけど「iModela(アイモデラ)iM-01」

パソコンの3Dデザインソフトでデザインしたものを、
そのまま立体的に削りだしてくれる装置。

「iModela(アイモデラ)iM-01

無限の想像力をカタチにiModela iM-01 /ニュースリリース/ローランドdg

すぐに作りたいものは思い浮かばないけど、
ドラえもん誕生まであと百年
というのも、
なんとなくうなづける気がした。


posted by もり at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPod/iPhone/iPad用プロジェクタQUMI(キュミ)

iPod/iPhone/iPad用プロジェクタQUMI(キュミ)



どのように使うかという問題はあるけど、
なんか面白そうだなと思った。
posted by もり at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

電動のローラースケート

電動のローラースケートというのが発売されるそうで、
面白そうだなと思った。

モーターで動く電動ローラースケート「spnKiX」 - ITmedia ガジェット

こういう新しいアイデアの商品て、
アメリカ発のものが多いように思う。

「腐ってもアメリカ」なのだと思う。

こういうのが流行った場合には、
機能を真似した廉価版が中国周辺で作られる。

それから日本では、
日本向けにアレンジされた余計な機能満載の商品が作られる。

私が買うとしたら、
中国周辺で作られた廉価版だけど。


こういう関係だな。





posted by もり at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

サイバーショットと連動して自動撮影してくれるカメラ台座 「インテリジェントパンチルター IPT-DS2」

サイバーショットと連動して自動撮影してくれるカメラ台座 
「インテリジェントパンチルター IPT-DS2」

IPT-DS2 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー



今年は、
自動で掃除してくれるロボット掃除機が売れたようだけど、
これは自動で写真撮影してくれる装置。

対応するサイバーショットも持っていないけど、
こういうので自動撮影したら、
どういう写真が取れるのかなと思った。




ラベル:カメラ台
posted by もり at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

室内の撮影に強いらしいデジカメ2

ボーナスで買いたいもの。

その一がデジカメ。

F値が小さくて、
室内などで撮影しても、
ボケにくいと思われるもの。

前の記事で、
6つまでに候補を絞った。

室内でもきれいに撮れるらしいデジカメ: 私がほしいおもちゃと道具

その6つから、
どれを選ぶかについて。

まず、
IXY 31S
と、
IXY 32S
の違いは、
タッチパネルでピントを合わせた後、指を離すとシャッターが切れる

IXY 32S

タッチパネルでピントを合わせた後、通常の撮影ボタンを押す

IXY 31S

という違いみたいで、
それだけのことで2000円ほど違いますので、
私としてはIXY 31Sでいいかなと。

そこで、IXY 32Sを候補から外します。

商品の比較は、
価格.comのサイトを使うと一覧で見やすい。

価格.com - IXY 31S [ゴールド]、サイバーショット DSC-W380、サイバーショット DSC-WX10 (N) [ゴールド]、サイバーショット DSC-WX5 [シルバー]、LUMIX DMC-FX700-K [エクストラブラック]の比較

しかしこれながめて見てみても、
大きな違いはなさそうな感じがする。

そこで、
価格.comのレビューも見てみる。

まずLUMIX DMC-FX700のレビュー。

LUMIX DMC-FX700 価格.comレビュー

アマゾンでのレビューでは、けっこう高評価だったのだけど、
価格.comの評価では、特に画質の評価が低めだ。

ノイズが多いみたい。

なので、
LUMIX DMC-FX700を外す。



続いてサイバーショット3機種を見てみる。

DSC-W380

DSC-WX5

DSC-WX10

一番安いのが、
2010年2月発売の、
DSC-W380

液晶が23.04万ドットで、
撮像素子が1/2.3型CCDというのが、
ほかのとの大きな違いかな。

ほか二機種は、

DSC-WX5

DSC-WX10

液晶が46万ドットで、
撮像素子が1/2.3型CMOS。

CCDとCMOSの違いについては、
私にはよく分からない。

CMOSの方が最近のものなので、
よいような気もする。

液晶はは大き目のほうが、
撮影した写真の確認がすぐにできてよいと思う。



それから動画についても、
後者二機種の方がキレイに撮れるようだ。

DSC-WX5

DSC-WX10

この二機種は、
フレームレート(一秒間のコマ数)が60fpsなので、
動くものを撮影した時には、
滑らかに見れるはず。

特にDSC-WX10については、
光学望遠が7倍というのも一歩リードかな。

サイバーショットにするのなら、
DSC-WX10かなと思う。


ただ、
IXY 31SのF値は2.0で、
これはやっぱり魅力的に感じる。

サイバーショットはF値が2.4で、
F値が√2倍となるごとに明るさは半分になる
ということなので、
そのあたりをどう考えるか。

価格.comでレビューを見ていても、
画質ならIXY 31S
動画撮影にも期待するなら、DSC-WX10
という感じがした。

私としては、
デジカメで動画も結構撮るからな。

IXY 31Sか、
DSC-WX10か。

迷う。




posted by もり at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

室内でもきれいに撮れるらしいデジカメ

ボーナスで何を買おうかと、
考えるのが楽しい。

欲しいなと思うものはたくさんあるけど、
一番はカメラかな。

室内でもきれいに撮れる、
明るいレンズのカメラが欲しい。

子どもの写真は、
室内で撮ることが多いのだけど、
普通のコンパクトデジカメではぼけずにとるのが意外に難しい。

もちろん、
フラッシュを使えば撮れるのだけど、
それだと映りが不自然。

そこで、
明るいレンズのデジカメが欲しいなと思った。



子どもの写真をキレイに撮りたいなら、
一眼にすればいいのかもしれない。

いまだと入門機のような一眼なら、
3,4万円で買える。

これとか。



しかし、
そこまで凝り性でもないなと思う。

できるだけ簡単に、
できるだけきれいにとりたい。

そこで、
レンズの明るいコンパクトデジカメ。



コンパクトデジカメを選ぶ場合、
大事なのは画素数ではなくて、
レンズのF値と撮像素子のサイズだと思う。

レンズのF値が小さければ、
シャッター速度を上げることができるので、
手振れや被写体ブレを抑えた写真が撮れる。

撮像素子が大きいほど、
ISO感度を上げてもノイズが少なくなる。

これら二つの理由により、
暗いところにも強いデジカメとなる。

普通のコンパクトデジカメのレンズのF値は、
3前後で、
撮像素子は、1/2.3くらい。

それを基準に考えると、
一眼と同じサイズの撮像素子とF2のレンズを持った、
富士フィルム ファインピックスX100
なんて、
もはやコンパクトデジカメとは呼べないだろうと思う。

値段も10万円近くて、
そんなものはとても買えない。

少しランクを下げて、
リコー GR DIGITAL IV
や、
FUJIFILM X10
も、
やっぱり買えない。

撮像素子が大きくなると、
とたんに価格が跳ね上がるのだな。



そこでほかのカメラを見てみると、
F1.8のレンズをもつ、
ニコンクールピクスP300などは、
ちょっと手が出そうな気がしてくる。

ほかには、
オリンパスZX−1や、
F2.0の、
キャンノンパワーショットS100
ルミックス DMC-LX5
F2.2の、
ルミックス DMC-FX70
など。

このあたりは、
頑張れば買えそう。

ただ、
ほかにも欲しいものがあるので、
もう少し安くあげたい。


そこで絞られたのは、
以下の6機種。

F2.2の、
ルミックス DMC-FX700

F2.4のサイバーショット3機種
サイバーショット DSC-WX5
サイバーショット DSC-W380
サイバーショット DSC-WX10

F2.0の、
キャノン IXY31S
もしくは、
キャノン IXY 32S


次回はこの6機種を、
私なりに比較してみたいと思います。



ラベル:デジカメ
posted by もり at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんなスマートフォンにもつけられるマクロレンズ

Easy Macro Cell Lens Bandはゴムバンドにマクロレンズがついていて、iPhoneでもAndroid端末でも、どんな機種にも付けられます。
というもの。

どんなスマホにもマクロレンズを付けられる「Easy Macro Cell Lens Band」 - ITmedia ガジェット

これならiPod touchにもつけられると思ったのだけど、
どうだろう。


posted by もり at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

胸元を叩くと音が出る“ドラムTシャツ”

Tシャツを叩くとドラムの音が――ウェアラブルなドラム「Electronic Drum Machine Shirt」が米サイトThinkGeekで販売されています。
ということ。

胸元を叩くと音が出る“ドラムTシャツ” - ITmedia ガジェット

ちょっと面白そうだなと思った。
posted by もり at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

耳かけ対応の超小型・超軽量ビデオカメラ

NEXXは、米国Looxcie(ルクシー)製の超小型ウェアラブルビデオカム「Looxcie」シリーズの第2弾モデル「Looxcie2」を発表。4GBモデル「LX2-001-JP」と8GBモデル「LX2-002-JP」の2機種を発売した。
ということ。

価格.com - Looxcie、耳かけ対応の超小型・超軽量ビデオカメラ


このビデオカメラには、
耳に装着できるということのほかに、

スマートフォンをビューファインダーとして利用できる。

「LooxcieMoments」は、常時録画の状態で、ユーザーが見ているもの録画することが可能。

「LooxcieLive」は、登録した友達や相手のスマートフォンやタブレット上で、「Looxcie2」で撮影した映像をリアルタイムにシェアすることができる。


というものがあるそうだ。

自分の見ている映像がそのまま撮影されたら、
面白いかもしれないと思う。

マラソンを走っているときの走っている人の目線での映像とか、
山に登っている間のその人の見ている映像とか、
興味深いのではないかと思うので。

posted by もり at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

GPSつき腕時計

GPSのついた腕時計があったらいいなと思った。

以前、
ジョギングの距離計測ができたらいいなと思い、
小型のGPSを買ってみたのだけど、
パソコンにつなぐのが面倒で、
使わなくなってしまった。
(たまに思い出したように使うかな。)

なので、
パソコンにつながなくても走った距離などが表示される、ディスプレイのついたタイプで、
しかも腕時計型のGPSがあったらいいのではないかと思った。


そこで、
どんな商品があるか調べてみた。

この手の商品に、
2万円程度出せるなら、
ナイキ




ガーミン社製




猫ひろしさんが共同開発したやつ



なんかがよいのだろうと思う。


もう少し低価格のものでは、




それからこれ



などがあった。


このくらいの値段のものになると、
私としては、
もう少し熟考しないと買えない。

下手すると、
数ヶ月くらい悩んで、
結局買わないという可能性もある。

機器の性能を比べながら買ったつもりになって悩むのも、
それほど嫌いじゃないけど。

しかしながら、
悩めば悩むほど買って失敗した時のダメージは大きい。

まあそれも、
経験と思うしかないかな。

ラベル:腕時計
posted by もり at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする