2011年12月16日

室内でもきれいに撮れるらしいデジカメ

ボーナスで何を買おうかと、
考えるのが楽しい。

欲しいなと思うものはたくさんあるけど、
一番はカメラかな。

室内でもきれいに撮れる、
明るいレンズのカメラが欲しい。

子どもの写真は、
室内で撮ることが多いのだけど、
普通のコンパクトデジカメではぼけずにとるのが意外に難しい。

もちろん、
フラッシュを使えば撮れるのだけど、
それだと映りが不自然。

そこで、
明るいレンズのデジカメが欲しいなと思った。



子どもの写真をキレイに撮りたいなら、
一眼にすればいいのかもしれない。

いまだと入門機のような一眼なら、
3,4万円で買える。

これとか。



しかし、
そこまで凝り性でもないなと思う。

できるだけ簡単に、
できるだけきれいにとりたい。

そこで、
レンズの明るいコンパクトデジカメ。



コンパクトデジカメを選ぶ場合、
大事なのは画素数ではなくて、
レンズのF値と撮像素子のサイズだと思う。

レンズのF値が小さければ、
シャッター速度を上げることができるので、
手振れや被写体ブレを抑えた写真が撮れる。

撮像素子が大きいほど、
ISO感度を上げてもノイズが少なくなる。

これら二つの理由により、
暗いところにも強いデジカメとなる。

普通のコンパクトデジカメのレンズのF値は、
3前後で、
撮像素子は、1/2.3くらい。

それを基準に考えると、
一眼と同じサイズの撮像素子とF2のレンズを持った、
富士フィルム ファインピックスX100
なんて、
もはやコンパクトデジカメとは呼べないだろうと思う。

値段も10万円近くて、
そんなものはとても買えない。

少しランクを下げて、
リコー GR DIGITAL IV
や、
FUJIFILM X10
も、
やっぱり買えない。

撮像素子が大きくなると、
とたんに価格が跳ね上がるのだな。



そこでほかのカメラを見てみると、
F1.8のレンズをもつ、
ニコンクールピクスP300などは、
ちょっと手が出そうな気がしてくる。

ほかには、
オリンパスZX−1や、
F2.0の、
キャンノンパワーショットS100
ルミックス DMC-LX5
F2.2の、
ルミックス DMC-FX70
など。

このあたりは、
頑張れば買えそう。

ただ、
ほかにも欲しいものがあるので、
もう少し安くあげたい。


そこで絞られたのは、
以下の6機種。

F2.2の、
ルミックス DMC-FX700

F2.4のサイバーショット3機種
サイバーショット DSC-WX5
サイバーショット DSC-W380
サイバーショット DSC-WX10

F2.0の、
キャノン IXY31S
もしくは、
キャノン IXY 32S


次回はこの6機種を、
私なりに比較してみたいと思います。



ラベル:デジカメ
posted by もり at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんなスマートフォンにもつけられるマクロレンズ

Easy Macro Cell Lens Bandはゴムバンドにマクロレンズがついていて、iPhoneでもAndroid端末でも、どんな機種にも付けられます。
というもの。

どんなスマホにもマクロレンズを付けられる「Easy Macro Cell Lens Band」 - ITmedia ガジェット

これならiPod touchにもつけられると思ったのだけど、
どうだろう。


posted by もり at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

胸元を叩くと音が出る“ドラムTシャツ”

Tシャツを叩くとドラムの音が――ウェアラブルなドラム「Electronic Drum Machine Shirt」が米サイトThinkGeekで販売されています。
ということ。

胸元を叩くと音が出る“ドラムTシャツ” - ITmedia ガジェット

ちょっと面白そうだなと思った。
posted by もり at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

耳かけ対応の超小型・超軽量ビデオカメラ

NEXXは、米国Looxcie(ルクシー)製の超小型ウェアラブルビデオカム「Looxcie」シリーズの第2弾モデル「Looxcie2」を発表。4GBモデル「LX2-001-JP」と8GBモデル「LX2-002-JP」の2機種を発売した。
ということ。

価格.com - Looxcie、耳かけ対応の超小型・超軽量ビデオカメラ


このビデオカメラには、
耳に装着できるということのほかに、

スマートフォンをビューファインダーとして利用できる。

「LooxcieMoments」は、常時録画の状態で、ユーザーが見ているもの録画することが可能。

「LooxcieLive」は、登録した友達や相手のスマートフォンやタブレット上で、「Looxcie2」で撮影した映像をリアルタイムにシェアすることができる。


というものがあるそうだ。

自分の見ている映像がそのまま撮影されたら、
面白いかもしれないと思う。

マラソンを走っているときの走っている人の目線での映像とか、
山に登っている間のその人の見ている映像とか、
興味深いのではないかと思うので。

posted by もり at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

GPSつき腕時計

GPSのついた腕時計があったらいいなと思った。

以前、
ジョギングの距離計測ができたらいいなと思い、
小型のGPSを買ってみたのだけど、
パソコンにつなぐのが面倒で、
使わなくなってしまった。
(たまに思い出したように使うかな。)

なので、
パソコンにつながなくても走った距離などが表示される、ディスプレイのついたタイプで、
しかも腕時計型のGPSがあったらいいのではないかと思った。


そこで、
どんな商品があるか調べてみた。

この手の商品に、
2万円程度出せるなら、
ナイキ




ガーミン社製




猫ひろしさんが共同開発したやつ



なんかがよいのだろうと思う。


もう少し低価格のものでは、




それからこれ



などがあった。


このくらいの値段のものになると、
私としては、
もう少し熟考しないと買えない。

下手すると、
数ヶ月くらい悩んで、
結局買わないという可能性もある。

機器の性能を比べながら買ったつもりになって悩むのも、
それほど嫌いじゃないけど。

しかしながら、
悩めば悩むほど買って失敗した時のダメージは大きい。

まあそれも、
経験と思うしかないかな。

ラベル:腕時計
posted by もり at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

暗いところでも綺麗に取れるコンパクトデジカメ

暗いところに強いといわれるコンパクトデジカメ、
Canon デジタルカメラ Powershot S95 PSS95 1000万画素高感度CCD 光学3.8倍ズーム 広角28mm 3.0型液晶 F2.0
の、後継機、
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 シルバー
が、でるのだそうだ。

S95もS100も、
レンズのF値はともに2.0。

F値というのは、
「レンズの焦点距離を有効口径で割った値」ということだけど、
私としては、
Fの値が小さいほどくらいところでも綺麗に撮れる、
という程度に考えている。

これはコンパクトデジカメとしてはとても小さな値だと思う。

通常は3.0前後くらいだろう。


そして、
S95もかなりくらいところに強かったみたいだけど、
映像処理能力がアップして、
S100では更にその能力が向上しているのだそうだ。

二つのカメラを比較した記事。

長期試用リポート:「PowerShot S100」第1回――我々はS100を待っていた (1/2) - ITmedia デジカメプラス


子どもの写真を室内で撮ることがおおいので、
そんな時にこのようなカメラがあると、
いいなと思う。


ラベル:デジカメ
posted by もり at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ネットワークHDD 「ShareMax(シェアマックス)」

日立マクセルは、11月25日、スマートフォンなどのモバイル端末を使って、外出先から自宅のデータにアクセスできるネットワークHDD「ShareMax(シェアマックス) M-2IHD500PS-JP.BK」を発売する。
ということ。

ネットワークHDD ShareMax(シェアマックス) [個人向け] - マクセル

もうひとつ

日立マクセル、ネットワークHDD「ShareMax」、外出先からデータを閲覧・転送・共有 - ウレぴあ総研

この製品の機能としては、

インターネット接続環境*1があれば、どこからでもアクセス可能。App Store/Android Marketで専用アプリ「myisharing」をダウンロード後、アプリに個体識別ナンバーとパスワードを入力するだけで自宅のデータにアクセスできます。

ということ。

自分専用のクラウド、
という感じで使えるのだろう。

そういう製品がひとつあったら、
便利だろうなと思う。

値段が2万円前後ということなので、
ちょっと高い気がするが。


posted by もり at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車専用サイクルナビゲーション「SGX-CN700」“ポタナビ”

パイオニアが新規事業に参入。自転車専用サイクルナビゲーション「SGX-CN700」“ポタナビ”を発売する。
ということ。

自転車で散歩(ポタリング)する楽しみを パイオニアが「ポタナビ」で提案 - ITmedia ガジェット

この装置の前に、
自転車が欲しいが。

posted by もり at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

スマートフォンで操作するラジコン潜水艦

米新興企業Aquabotix Technologyがこのほど、スマートフォンで操作できるラジコン潜水艦「HydroView」を発売した。価格は2995ドル。
ということ。

スマートフォンで操作できるラジコン潜水艦「HydroView」 - ITmedia ガジェット

HydroViewはひょうたんのようなボディの両サイドにプロペラがついている。高精細カメラとLEDライトを搭載し、水中の世界を撮影し、動画や写真をSNSに投稿できる。iPhone、iPad、Android端末などで専用アプリを使って操作可能で、HydroViewを進めたい方向にスマートフォンの画面を傾けて操縦する。画面を左に傾ければ左へ動き、前に傾ければ深く潜るといったように動く。ノートPCのタッチパッドでも操縦可能だ。

そうとうな値段なので、
電波の届かないところまで潜行させてしまって、
そのまま回収不能になったりするのが、
怖いなと思った。


posted by もり at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌汁サーバー 「椀ショット」

味噌汁サーバーというものがあるそうだ。

マルコメ 椀SHOT倶楽部 | 椀 SHOT(ワンショット)トップ

味噌汁サーバーを使っているところ。

マルコメ 椀SHOT倶楽部 | 椀 SHOT(ワンショット)トップ

手軽に味噌汁が飲める。

インスタントの味噌汁にお湯をそそぐのと、どう違うのだろうか?
とも思うが、
それよりはちょっとだけスマートかな。


いまだと、
椀ショット本体となるサーバ、
液体みそ汁「椀ショットボトル」が1本(500グラム)、
油あげとわかめの具材が1袋(40グラム)、
専用紙コップ(80個)
などがセットになったトライアルパッケージが3980円ということで、
なんとなくお得な感じがした。

ホームパーティなんかのときに、
ひとつあったら面白そうだなと思う。

そういうことする機会もないけどね。



ラベル:味噌汁
posted by もり at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする